天然水で美味しい水と美味しくない水の違いは?


水は毎日口にするものですから、できれば安心かつ美味しいものを飲みたい・・・きっと誰もがそう考えると思います。

コンビニやスーパーに行ってミネラルウォーター売り場を見てみると、多種多様なミネラルウォーターが販売されていますが、当然これらにはそれぞれ違いがあります。

そしてこの違いによって、天然水の味が変わってくるのです。

その最も強く味に反映されるのが「硬度」です。

硬度とは、水中に含まれるカルシウム・マグネシウムの量を、それに対応する炭酸カルシウムの量に換算した値のこと。

この硬度の値が高いと「硬水」といって非常に硬い水ですし、反対に値が低いと「軟水」といって柔らかい水ということになります。

水の硬さが味にどう影響するのか・・・硬水の場合、ミネラルを多く含んでいることによって飲んだ時に少し鉄っぽい味を感じたり、飲み心地が少し重い感じをすることがあります。

元々日本の水は軟水が主流ですから、硬水を飲むとちょっと変わった水を飲んでいるような感覚になる人が多いでしょう。

もちろん中には硬水の方が美味しいという人もいるでしょうが、たいていの人は硬水の方が飲みにくいため、軟水を好んで飲むと思います。

特に海外から輸入されたミネラルウォーターは日本の水に比べて硬いことがしばしばありますので、無難に選ぶのであれば日本で採水された天然水を選ぶことを推奨します。

また、ウォーターサーバーをレンタルしている会社が提供する水は基本的に軟水がほとんどで、硬水を提供しているメーカーはほとんどありません。

例えば

「うるのん」の水の硬度:29mg/L(詳細はこちら
「アルピナウォーター」の水の硬度:1.05mg/L(詳細はこちら
「フレシャス」の水の硬度:21mg/L(詳細はこちら

基本的に50mg/L以下が軟水と言われていますから、上で紹介したウォーターサーバーは全てクリアしていることが分かると思います。

他にも、採水地によってミネラル以外の含まれている成分が異なりますので、そういった違いによって味の違いは多少出るでしょう。

ただ、飲み心地や飲みやすさという観点でいうのであれば、硬度が大きな割合を占めますので、もし自分に合ったミネラルウォーターをお探しなのであれば、まずは硬度50mg/L以下の軟水から手を付けてみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*